腎孟腎炎の症状と治療


   腎臓の片方か両方で細菌に感染し、炎症を起こしている状態を腎孟腎炎と呼ぶ。
   腎孟腎炎は、女性に多く見られ、腎孟腎炎の約90%近くが病院外での大腸の常在細菌の一種であるだい腸腸菌により起きる。
   通常、感染は、外陰部から尿道を通り膀胱へと広がりさらに、尿管を逆行し、腎臓へと及ぶ。
   通常の場合には、感染は、腎臓にまで行くことがないが、尿の流れを妨げるような構造上の以上や腎臓結石、前立腺肥大といった物理的閉塞や、膀胱から尿管に尿が逆流するなどの状態で腎孟腎炎になる可能性が高くなる。

    血流から腎臓に広がるブドウ球菌皮膚感染症のように、体の別の部分から感染が腎臓へ及ぶことがある。

    感染を防ぐ為の免疫力が低下している人、尿管に閉塞がある人や糖尿病の人、妊娠中の人は、腎孟腎炎を引き起こす可能性が高くなる。

   特に妊娠中の人は、子宮が次第に大きくなる為、尿管を圧迫し、正常な尿の流れを妨げられたり、尿管の拡張のため尿を膀胱へ、押し流す尿管での筋肉の低下を起こしたりし、尿管へ尿が逆流する可能性も高くなっている。  腎孟腎炎は、悪寒、発熱、吐き気、嘔吐、感染した側の腰の痛みといった症状と伴に、発症することが多い。  腎孟腎炎は、その1/3程度で膀胱炎や痛みを生じる頻尿の症状をみることができる。 腎孟腎炎では、感染した側の背中に圧痛があり、腹部の筋肉が強く収縮することもある。 また、感染や尿管を結石を通過する刺激により、けいれんを起こすことがあり、このけいれんにより腎疝痛を起こすこともある。 しかし、小児の場合には、軽い症状の場合が多く、見過ごされてしまうことが多い。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド