腎臓と尿路にできる癌とその種類


   腎臓とその他の尿路系器官にできる腫瘍は、その大半が悪性腫瘍である。
   悪性腫瘍つまり癌は、男女の差がなく同じようにみられる。

    腎臓と尿路にできる癌はとしては、腎癌、腎孟にできる癌、尿管にできる癌、膀胱癌、尿道癌などがある。
   腎臓にできる腎癌の場合には、男性に多く発症しており、その割合は、女性の2倍ほどになる。
   また、腎癌を発症する人の多くが、50~70歳の人であり、喫煙者が非喫煙者の約2倍程多く発症している。

    癌が、腎臓の尿を集める部分である腎孟の内側を覆う細胞にできたり、尿を腎臓から膀胱へ運ぶ役割を負っている尿管にできることは、少なく、腎組織や膀胱にできる癌と比べるとはるかに発症率が低くなっている。
   米国では、この癌の発症者は、毎年6000人未満程度となっている。
    膀胱癌は、女性よりも男性に多く発症している。
   その発症の割合は、男性の方が女性の2,5倍ほど多くなっている。
   米国では、年間に約5万4300人程が発症している。 膀胱癌の原因としては、喫煙がその大きな危険因子となっている。 他にも危険因子は考えられるが、その割合はごく少ないものである。  尿道癌は、膀胱から尿を体外へ排出する通路となっている尿道にできる癌である。 尿道癌の場合には、その発症に特に男女の差はないが、一般的には、50歳を過ぎてから発症している。 尿道癌の原因は、特定のヒトパピロームウイルスが一部で発見できているが、その他の原因は、不明である。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド