腎癌の症状と治療


   腎臓にできる癌である腎癌は、男性の方が女性の2倍程度多くかかっている。
   腎がん自体は、成人の癌の約2%~3%を占めており、喫煙者の発症率が非喫煙者の2倍近くにのぼっている。
   また、腎癌を発症する人の多くは、50~70歳の人になる。

   腎癌を発症する危険因子をして考えられるのは、毒性の化学物質にさらされること肥満などがある。
   腎癌を発症する原因は、不明であるが、1975~95年の間にかけて、腎癌の発生率が毎年2~4%上昇している。

   腎癌は、腎臓にできた腫瘍の中でも、細胞が詰まっている充実性の腫瘍のほとんどが、悪性腫瘍の癌である。
   もう一種類の液体が詰まった腫瘍の方は、嚢胞と呼ばれており、一般には、非癌性の良性腫瘍である。
   腎癌の多くは、腎細胞癌であるが、中にウィルムス腫瘍と呼ばれる別の癌もあり、この腎癌は、小児に発症している。

   腎癌の症状では、血尿が最も一般的に最初に現れる症状である。
   症状として現れる血尿は、顕微鏡検査でしかわからないようなごく微量な血液が混じっている程度のものもあれば、尿を見れば分かる程赤くなっている場合もある。
   腎癌の症状としては、他に、わき腹の痛み、発熱、体重の減少なども挙げられる。
   医師の診断の際に、腹部の腫れや腫瘤を触診で確認して腎癌を発見することもある。
   また、別の高血圧などの病気の診察の際に、偶然腎癌が発見されるということもある。
   腎癌により腎臓の一部か全体に血液の流れが妨げられるとレニンという酵素が放出され高血圧を引き起こしことになる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド