腎癌の症状と治療3


   腎癌が腎静脈や心臓に血液を運んでいる太い大静脈に広がっていたとしても腎臓から離れた部分には、癌が広がっていない場合は、手術を行うことで治る可能性がある。

   腎癌は、初期に広がる傾向と特にに移転しやすい傾向がある。
   腎癌の場合には、癌を破壊する免疫力を強化することで癌が退縮することもあり、生存期間を延ばすこともできる。
   免疫力を強化する治療法としては、インターロイキンー2を使用するものがある。

   遠隔移転の様に腎癌が離れた部位に転移している場合には、腎癌の診断の際に発見されるとは限らず、腎癌が発見され外科的手術により癌を取り除いた後に移転が発見されることもある。
   癌が新たな部位に転移している場合には、従来の化学療法では、反応しないのが通常である。
   ゆるやかな作用では、あるもののインターロイキンー2やインターフェロンを行う治療が効果を挙げる場合もある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド