腎孟と尿管の癌の症状と治療


   腎臓の尿を集めている部分である腎孟の内側を覆っていいる細胞や腎臓から膀胱へ尿を運んでいる尿管という細い管に癌が発症することもある。
   しかし、この腎孟や尿管にできる癌は、腎組織や膀胱などの部位にできる癌に比べるとその発症率は、非常に低く、米国での発症患者数は、年間6000人未満とされている。

   腎孟や膀胱に癌が発症するとまず現れる症状が血尿である。
   また、癌によっては、尿の流れが妨げられる為にわき腹や下腹部に激しい痛みを生じることもある。

   腎孟や膀胱に発症した癌は、静脈性尿路造影や逆行性尿路造影を行って診断することになる。
   腎臓結石や癌、血液の塊を判別するのには、CT検査が役立つ。
   CT検査では、癌がどの程度まで増殖しているのかを判断することもできる。
   また、顕微鏡での尿検査を行うことで癌細胞を見つけることができる。
   小さい癌であれば、膀胱から尿管鏡を挿入するか腹壁から腎孟鏡を挿入して癌の観察を行う際に内視鏡下での治療を行うことも可能である。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド