膀胱癌の治療と症状


   膀胱癌は、女性より男性に2,5倍近く多く発症している。
   米国では、膀胱癌と診断される患者数が年間で約5万4300人にものぼる。
   膀胱癌を発症する危険要因として最も大きなものが、喫煙となってくる。
   喫煙は、膀胱癌を新たに発症する患者の半数近くが、その基礎となる原因となっている。

   この他の原因としては、工業用の化学物質などが、尿中に濃縮されて癌の発症原因となったり、住血吸虫症と呼ばれている寄生虫感染症や膀胱石によって慢性的な刺激が加わることで癌を発症しやすくなるといったことがある。

   しかし、工業用の化学物質などは、近年あまりさらされることもなくなってきており、こうしたことが原因となることは、ごく少ない割合になる。

   膀胱癌の多くは、腎孟や尿管に発症する上皮細胞癌と同様の移行上皮癌になる。

     膀胱癌でまず現れる症状が血尿である。
   血尿は、定期健康診断の尿検査を顕微鏡検査で行うことで赤血球が検出されわかることもある。
   また、明らかに尿の中に血液が混じっていることを確認することができる場合もある。

   その後現れる症状としては、排尿時の痛みや灼熱感、切迫した尿意、頻尿などが挙げられる。
   膀胱癌で生じてくる症状は、膀胱感染症の症状によく似ており、場合によっては、膀胱癌と膀胱感染症が同時に起きることもある。
   治療は、膀胱感染症の治療を行い、その治療によって症状が消えることが無い場合には、膀胱癌が疑われることになる。
   尿の特殊顕微鏡検査を行うことで癌細胞を発見することもしばしばある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド