尿道癌の症状と治療


   尿道は膀胱から尿を体外へ排出する通路のことで、この尿道に癌ができることは、まれである。
   尿道癌の発症は、一般的に50歳を過ぎてからになる。
   この癌は、特に男性、女性の差がなく発症する。
   尿道癌の原因は、特定のヒトパピローマウイルスによるものが一部でみられる。
   しかし、それ以外では、原因は不明である。

   尿道癌では、最初に尿血の症状が現れる。
   血尿は、顕微鏡による尿の検査でなければ発見できないものもあれば、肉眼で分かる程赤い尿が出ることもある。
   また、尿の流れに支障が出たり、排尿困難を起こしたり、尿の出が弱くなるといった症状が現れることもある。
   女性の場合では、尿の出口でもろい出血を起こしやすい腫瘍ができる可能性があり、この腫瘍は、癌の可能性が高い。

    尿道癌の診断を行う為には、生検が必要になってくる。
    尿道癌の場合、経過の見通しは、癌ができた場所や範囲により違ってくる。
   また、治療は、放射線療法、外科的切除を行うか、その療法を組み合わせて行うことになるが、この治療による効果は、様々である。
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド