肺癌の原因と症状、治療 


   癌の中でも最も死亡率が高いのが肺癌である。
   肺癌が最も多く発症しているにが、45~70歳になる。
   肺癌の中でも、肺細胞から生じるものを原発性肺癌と呼ぶ。
   原発性肺癌は、その約90%以上で、肺の両側に別れている太い気道と気管支の内部に生じている。 この様な原発性肺癌を気管支原発性癌と呼んでいる。
   この他の肺癌は、非小細胞肺癌と呼ぶ。
   非小細胞肺癌は、扁平上皮癌、大細胞癌、腺癌の三種類の癌をまとめたもので、この他にも原発性肺癌には、小細胞癌がある。

   肺胞細胞癌は腺癌の1つで肺胞内で生じ、一か所で発症することもあれば、複数の部位で同時に進行することもある。

   肺の腫瘍の中でも、気管支腺腫、軟骨性過誤腫、肉腫などは、特殊な腫瘍である。
   また、リンパ系の癌であるリンパ腫は、肺で発生したか肺に広がるかした腫瘍である。

   肺癌の場合、発症した男性の約90%、女性の約80%が喫煙が原因となり肺癌を発症している。
   肺癌は、全喫煙者の約10~12%が肺癌を発症しており、喫煙の量や期間に比例する形で肺癌を発症するリスクは高くなっていく。
   肺癌の原因には、この他にも男性の約10%、女性の約5%程度の少数が職場で扱った物質、吸入した物質が原因となっている。
   大気汚染などが肺癌の原因となることは、約1%程と低い。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド