肺癌の原因と症状、治療2 


   肺癌の場合、発症したの種類や位置によりその症状は、違ってくる。
   咳が長期間続くという症状は、通常、肺癌の初期症状として最も多く見られる。
   慢性気管支炎を持っている人が肺癌を生じるとせきが悪化することがわかる。
   咳と伴にたんが出る場合には、たんに血が混じることもあり、肺癌が血管内にまで広がるとひどい出血を起こすことになる。

   肺癌の症状は、後になると、通常、食欲不振、体重減少、疲労感、筋力低下といったものが出てくる。
   癌が胸膜腔の内部にまで広がると液体が肺の周囲に溜まる胸水を生じ、胸水により息切れを生じることになる。
   肺の内部にまで癌が広がるとひどい息切れ、血液中の酸素濃度の低下、肺性心を生じる場合もある。

   肺癌は、体の他の部分への転移はあまりみられないが、肝臓、脳、副腎、脊椎、骨には、転移することもある。
   特に症細胞は、発症の早期の段階で転移することある。

   肺癌の治療は、手術や放射線療法、科学療法などになる。
   手術による治療は、癌が肺以外に転移していない場合に選択される。
   癌が他の部分に転移している場合や気管に非常に接近せている場合や心臓や肺に癌以外の重症の疾患を抱えている場合には、手術はおこなわれない。
   また、手術による治療は、小細胞癌の場合には、有用ではない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド