肺癌の原因と症状、治療3 


   手術を行い癌をある程度切除できたとしても癌は、治癒するわけではなく、多くの患者が肺やそれ以外の部分に癌が再発し、死亡する。
   また、手術が成功しても胸部X腺検査CT検査などを定期的に行う必要がある。

   放射線治療法は、手術を行いたくない人や重症の冠動脈疾患といった他の病気が理由となり手術を受けることができない人、リンパ節など他の器官に癌が広がっている人に行われることになる。
   放射線治療法では、ほとんどの場合で、癌を一部小さくすることができるか増殖速度を遅らせる程度の効果しかない。

   科学療法は、小細胞癌の治療法として放射線治療法と併用して行われる。
   小細胞癌の場合には、発見した時には、ほとんどが他への転移も生じており、治療をおこなわないと4ヶ月程度で死亡することになるが、科学療法を行うことで生存期間を4~5倍程伸ばすことができる。

   肺癌の場合には、多くの患者が死亡する為、終末期のケアが必要となる。
   治る見込みのない患者の場合は、不安や痛みが見られることが多く、薬を使用することでこの様な状態を緩和することが可能である。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド