肝臓の病気プロローグ


   肝臓の病気の症状として、皮膚や白眼の部分が黄色くなる黄疸が特に重要である。
   他に、胆汁の流れが悪くなったり止まったりする胆汁うっ滞、肝臓が腫れて大きくなる肝腫大、
   腸から肝臓に流れる静脈内の血圧が異常に高くなる門脈圧亢進症、腹腔内に体液がたまる腹水、
   血液中に有毒物質が蓄積され、脳に障害を生じる肝性脳症、肝不全などがある。

   疲労感や体調不良、食欲不振、多少の体重減少などは、ほかの病気の不通の症状であり、
   わかりにくい病気のため、肝臓の病気は初期によく見落とされることが多い。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド