黄疸の症状 について


   血液中の色素であるビリルビンの濃度が異常に高くなったために、皮膚や白眼が黄色くなることを黄疸という。
   赤血球の古くなったものの多くは、脾臓(ひぞう)で血流から取り除かれる。
   取り除かれた時、ヘモグロビンは分解されて、緑がかった暗い黄色のビリルビンという色素になる。
   血液に入って肝臓に運ばれるビリルビンは、腸の中に胆汁(肝臓で生成される消化液)の成分として排出される。
   胆汁として排出されるスピードが落ちると、血流中に沈殿される。
   黄疸は過剰なビリルビンが皮膚にたまり、黄変になることである。
   肝臓に炎症や線維化などの損傷があると、ビリルビンの胆汁中への排出が阻害されることがある。
   血液中のビリルビン値が高い場合、肝臓の病気による場合とはかぎらない。

   肝臓から小腸へと胆汁が流れる胆管が、胆石や癌などでふさがっている可能性がある。
   新生児の黄疸で多くみられる原因で、赤血球が過剰に破壊され、
   肝臓の処理能力を超える大量のビリルビンが生成される場合もある。 ジルベール症候群は、若いときに定期健康診断で発見されることが多く、遺伝の場合がある。 ジルベール症候群では、ビリルビン値が少し上昇しているが、黄疸が生じるほどではないことが多い。 ビリルビンの高値以外に症状はなく、治療しなくても問題はない。 皮膚が黄色みを帯びることがあるが(ニンジンなどを大量に食べた時など)、この場合は白眼の部分は黄色にならない。 この変色は黄疸ではなく、肝臓の病気とは無関係である。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド