黄疸症状の詳細


   黄疸では、皮膚や白眼の部分が黄色になる。
   尿の色は濃くなることが、多くなる、これは過剰なビリルビンが腎臓を通して排泄されるためである。
   かゆみ、便の色が薄くなるといった症状がみられることがある。
   急性肝炎は、発熱、食欲不振、吐き気などや黄疸も一緒にがみられることがある。
   胆汁の流れが悪いと、胆汁うっ滞の症状が現れることもある。

   ・黄疸の診断と治療方法
   各種の血液検査や画像検査で、黄疸の原因を確定することができる。
   肝臓自体の病気(ウイルス性肝炎など)が原因の場合は、肝臓の状態がよくなるにつれて黄疸の症状は軽くなっていく。
   胆管の閉塞が原因の場合は手術や内視鏡治療を早く行い、閉塞した胆管を再び開通させる必要がある。
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド