胆汁うっ滞について


   胆汁うっ滞は、胆汁の流れが停滞している、または停止していることである。
   肝細胞と十二指腸の間で、肝臓で生成される消化液である胆汁の流れが、分断されている状態である。
   胆汁の流れが悪くてもビリルビンの処理は肝臓でを続けられ、血流中にビリルビン排出される。

   胆汁うっ滞は、肝臓内部に原因がある場合と、肝臓以外に原因がある場合がある。
   肝臓内の原因は肝炎、アルコール性肝障害、原発性胆汁性肝硬変(胆管の炎症と瘢痕化、脂肪肝、肝硬変、その他の関連疾患 )、
   妊娠中のホルモン変化の影響(妊娠に伴う胆汁うっ滞、ハイリスク妊娠)、薬の影響などがある。
   肝臓以外の原因は、胆管癌、膵臓癌(すいぞうがん)、胆管内の結石、胆管狭窄(きょうさく)、胆管癌、膵臓癌(すいぞうがん)、膵炎などがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド