カリフラワー耳と呼ばれる、耳のけが


     さまざまなけがが外耳に影響を与える。

  外耳を強打すると、軟骨と周囲の結合組織層(軟骨膜)が傷つくことがある。
  この部分に、けがなどで血液がたまると外耳が腫れて紫色になる。
  たまった血液(血腫)が軟骨への血液の流れを遮断すると、その部分の軟骨が壊死して耳が変形してしまう。
  この変形はカリフラワー耳と呼ばれる。
  レスリング、ボクシング、柔道といった格闘技をする人や、ラグビーの選手などによくみられる病気である。
  外字に血腫ができた場合には、血腫は切開し、中の血液を吸引して除去する。
  血腫の中が空になったら圧迫包帯をあてて、3~7日間、血腫の再発を防ぐ。
圧迫包帯によって皮膚と軟骨膜が正しい位置に保たれるため、血液は再び軟骨に届くようになるのである。
  裂傷が耳全体に及んだ場合には、十分に消毒する。
  それから、皮膚を縫い合わせ、包帯をあてて患部を保護し、軟骨の治りを促す。
軟骨の縫合は行わない。

  あごを強打すると、外耳道の周囲の骨が砕けて外耳道の形がゆがみ、狭くなってしまうことがある。
  このような変形は手術で治さなければならない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド