神経系の仕組みと受ける障害について


   神経系の基本構成単位は、神経細胞となっている。
   脳と脊髄にある中枢神経と脳や脊髄から全身に伸びている神経である末梢神経系の二つに分かれているのが神経系である。

   神経細胞は、大きな細胞体神経線維で構成されており、長く伸びた突起から電気信号を送る働きを持った物と、電気信号を受け取る働きを持つ多くの枝からできているのが神経細胞である。 神経は、1つの神経細胞の軸索から隣の神経代棒の樹状突起へ一方向のみに電気信号を伝達するのが正常な状態である。

   神経細胞の接合部であるシナプスでは、軸索から微量の化学伝達物質である神経伝達物質が放出されている。
   この神経伝達物質は、新しい電気の流れを起こす為に、隣接した神経細胞の樹状突起にある受容体を刺激する働きをもっている。
   神経のタイプが異なっている場合には、シナプスを経由してそれぞれの異なる神経伝達物質を利用して電気信号を伝えている。

   神経系は、一度に大量の情報を送受信することができ、いうなれば複雑にできた通信システムである。
   しかし、重要な役割を負っているにも関わらず、この神経系は、病気や外傷といったものに非常に弱くできている。

   アルツハイマー病やパーキンソン病などは、神経が変性した為に引き起こされる。
   脳炎や髄膜炎は、脳や脊髄がウイルスや最近に感染したことで起きる。
   脳卒中なども脳への血流が妨げられることでおき、外傷や腫瘍が原因となって脳や脊髄に構造的な障害を受けることもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド