脳の機能


   思考・信仰・記憶・行動・気分といったことの全てをつくり出すことができるのが脳である。
   つまり、脳は、考える場所と言える。
   この機能により、人は、言葉を話したり、他人とコミュニケーションをとったり、色や形を認識したり、将来設計を立てたりとすることができる。
   また、体の全ての部分をコントロールすることができる指令塔でもある。
   運動・触覚・嗅覚・味覚・聴覚・視覚の調整を行い、内臓や体の表面・眼・耳・鼻・口といった部分から送られてくる刺激の全てを検討し、それらの部分が正しく調整するように命令を出しているのも脳である。
   脳の機能は、他にも気分・意識・覚醒レベルの調整も行っている。

   脳がコンピューターでも叶わない程の高性能の機能を維持するためには、常に栄養を摂る必要がある。
   脳に必要となる栄養は、血液と酸素になるが、血液では、心臓から送られる血液の20%程が必要となる程、多くの量を必要とする。
   脳は、血流が10秒程度途絶えただけでも意識を失うことになり、酸素不足や異常な低血糖状態、毒物などによっても脳は、異常を起こすことになる。
   しかし、脳は、自身によりこういった障害から脳を守る為に、心臓に対して、血流を多く流すように信号を出すなどの指令を出し、障害から脳を守ることを行う。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド