脳の機能3


   頭頂葉は、他の体の部分から送られてくる感覚に関する情報を分析し、体の動きをコントロールしている。
   情報として形や手触り、重さといった印象を全て組み合わせ認識する。
   また、方向感覚、方向感覚の維持に必要となる空間に関する記憶の保存も行っている。

   後頭葉は、映像の処理・解析を行い、視覚的な記憶を可能なものとし、頭頂葉から送られる空間的な情報と合わせ映像認識を統合している。
   側頭葉は、起きた出来事を最近の記憶か長期の記憶として処理・保存・記憶の呼び出しといったことを行う。
   このように記憶と情動をつくり出しているのが側頭葉である。
   また、音と画像の認識・他人やものの判別・会話の能力を統合する機能も持っている。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド