脊髄の構造について


   脊髄は長い管状の構造物で、脳幹の下端から背骨の一番下まで続いている。
   この脊髄は、傷つきやすくできている。
   脊髄にある神経により、脳と体のその他の部分との間でやり取りされているメッセージを運んでいる。
   脊髄は、3層の組織により覆われており、脊髄と髄膜は、脊椎の中央を通っている脊柱管の中にある。
   脊椎は、成人の場合、26個の椎骨からできている。
   この26個の椎骨がそれぞれに背骨を構成しており、椎骨は脊髄を保護している。
   椎骨の間は、歩行やジャンプといった動きから生まれる衝撃を和らげる為に軟骨でできた椎間板で隔てられクッションの役目をしている。

   脊椎は、椎骨と呼ばれている骨が連なりできている。
   この脊椎の中心を通っている脊柱管の中に脊髄がある。
   脊髄は、長く傷ついやすいため、椎骨により守られている。脊髄は、31対の脊髄神経が椎骨と椎骨の間を通っている。
   この脊髄神経は、それぞれ前後2本の短い枝に分かれて出ており、脊髄の前側にあるのが運動神経根、後ろ側にあるのが感覚神経根となっている。
   この運動神経根は、脳と脊髄からの命令を体の他の部分に伝える働きを持っている。
   感覚神経根の場合には、体の他の部分からの情報を脳へ伝える働きを持っている。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド