末梢神経の機能としくみ


   末梢神経系は、体性神経と自律神経系の二つから出来ている。
   末梢神経系は、糸のように脳とその他の体の部分をつないぐように全身に張り巡らされている。
   神経細胞からなるその数は、1000億本以上にもなる。
   自律神経系は、神経同士でも繋がっており、神経線維でできた束の直径の大きさにより様々なスピードでインパルスを伝える。

   体性神経系は、意識的にコントロールをすることができると皮膚にある感覚受容器を脳や脊髄とつないでいる神経のことである。
   自律神経系は、脳幹や脊髄と内臓をつないでいる神経系のことである。
   自律神経系では、心臓の収縮速度や血圧、呼吸数、胃酸の分泌量、食物が消化管を通る際の速度といった意識的に動かすことのないプロセスの調整を行う働きをしている。
   自律神経系には、交換神経系副交感神経系の二つがある。
   これらの神経系は、通常一方が活発化している時には、もう一方は、活動を抑制するというように互いに協力した働きをしている。
   これら二つの主な働きは、交感神経系がストレスの多いような緊急の状態の時に体の準備を行うことで、副交感神経系は、例えば交換神経系が心拍や血圧を増加させた後にその増加を減少させるというように体を普通の状態に戻すことになる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド