胆汁うっ滞の治療


   治療方法で胆管の閉塞は、手術または内視鏡による治療が可能である。
   特定の薬が原因として疑われる場合は、医師が指示して服用を中止する場合がある。
   急性肝炎の場合は、肝炎が回復すると、胆汁うっ滞や黄疸はすこしずつ消失する場合が多い。
   肝臓に有害な物質の摂取(アルコールや特定の薬など)は避けることが勧められる。

   コレスチラミンの内服薬では、腸内で特定の胆汁生成物と結合することで、生成物の再吸収と皮膚への刺激を防ぎ、
   かゆみの治療として有効である。
   軽傷の場合はビタミンKの摂取によって血液凝固が改善される。
   胆汁うっ滞が続く場合は、カルシウムとビタミンDのサプリメント(栄養補助食品)を服用することがある。

  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド