肝腫大(肝臓の腫れ)の 内容


   肝腫大とは肝臓が腫れて大きくなった状態をいう。
   肝臓の大きさは普通の場合や、小さく縮んだ状態のこともよくある。
   肝腫大は自覚症状を伴なわないので、わかりにくい。
   極度に腫れている場合は、腹部の不快感や膨満感を感じることがある。
   急な腫大では、触れると圧痛を感じることがある。
   医師は触診で肝臓の大きさを測り、腫大した肝臓が肋骨の下まで達しているかどうかを診る。

   触診の感触が重要である。
   軟らかい感触となるのは、急性肝炎、脂肪浸潤、うっ血、初期の胆管閉塞による肝腫大の場合である。
   硬く不規則な手ざわりなのは、肝硬変(肝臓の重度の線維化)のために腫大している場合である。
   しこりがある場合、通常はが疑われる。

  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド