門脈圧亢進症の治療方法


   門脈の血圧を下げる治療は、食道静脈瘤からの出血のリスクを軽減するために行なう。
   降圧薬のプロプラノロールを投与する方法などがある。

   緊急処置が必要なのは、食道静脈瘤から出血している場合である。
   通常は内視鏡検査を行い、静脈瘤から出血していることを確認する。
   特殊なゴムバンドで血管を縛ったり、内視鏡から化学物質を注入して、静脈をふさぐ。
   ソプレシンやオクトレオチドなどの薬を静脈注射で投与し、出血している静脈を収縮させ、失われた血液を補うために輸血をする。

   出血が継続したり再発を繰り返す場合は、外科処置を行って、シャントと呼ばれるバイパスを通すことがある(門脈系と静脈系(体循環)間)。 この処置で門脈の血圧は下がる。

   シャント手術にはさまざまな方法がある。
   経頸静脈的肝内門脈体循環シャント術(TIPS)は、X線画像で確認して肝臓に注射針を刺し、
   門脈静脈から肝静脈に直接シャントを形成させる。
   この手術は、出血はほぼ止められるが、肝性脳症などのリスクがある。
   この手術は危険性は低いが、シャントが狭くなるために定期的に手術を受ける場合がある。

  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド