腹水のあれこれ


   腹水はタンパク質を含む体液が腹腔に蓄積した状態である。
   長期的な病気(慢性疾患)の人によくみられる。
   アルコール依存症による肝硬変(肝臓の重度の線維化)で起こることが多い。
   アルコール性肝炎、慢性肝炎、肝静脈閉塞などもある。
   腹水は癌、心不全、腎不全、膵炎、結核性の腹膜炎などにより生じることがある。

   腹水は肝臓の病気のでは、肝臓や腸の表面から漏れ出てくる。
   要因は様々だが、血管の体液保持能力の低下門脈圧の亢進、腎臓性の体液貯留、体液を調節するホルモンや化学物質の変調 などが組み合わさって起こる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド