腹水の治療方法


   腹水の治療方法は 基本的に、安静を保ち、食事の塩分を制限することである。
   通常は、腎臓に働きかけて尿による水分の排泄を促すように、利尿薬の服用も行う。
   症状が重い場合は、腹水治療穿刺という方法で、体の外から針を刺して腹水の吸引除去を行う。
   大量のアルブミン(血漿中の主要なタンパク)が血液から失われて、腹水に入ことがあるため、アルブミンを静脈から投与する。

   特発性細菌性腹膜炎は、原因不明であるが、アルコール性肝硬変の患者の腹水で生じることがある。
   早く抗生物質による治療をしないと命にかかわることがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド