肝性脳症の説明


   肝性脳症とは肝臓で除去されるはずの毒性物質が血液中に増え、脳の機能が低下する病気である。

   腸から血流の中に吸収された物質は肝臓を通過するときに毒性物質が除去されるのが通常である。
   タンパク質が消化されてできた分解生成物が毒性物質となる。
   肝機能の障害のため毒性物質が血液中から除去されない状態になっているのが、肝性脳症である。
   肝臓に血液を供給する門脈系と静脈系(体循環)の間にバイパスが形成され、毒性物質がこの経路を通って肝臓を迂回してしまうことがある。
   バイパス手術(門脈と体循環間のシャント)でも同様の影響が生じることがある。
   毒性物質が脳に入り、脳の機能に影響を与えるが、脳に有毒である物質は何であるか、解明されていない。
   タンパク質の分解生成物が血液中に高濃度で存在することが影響するとみられている。

   肝性脳症を発症するのは、長期の慢性肝疾患の患者で、急性の感染やアルコールの大量摂取などが引き金となることが多い。
   食道静脈瘤からの出血など、消化管の出血でタンパク質の分解生成物が蓄積し、脳に影響を及ぼすことがある。
   タンパク質を含む食品を食べすぎて、タンパク質の分解生成物の血中濃度が高くなったことが原因で発症することがある。

   一部の鎮静薬、鎮痛薬、利尿薬で、脳症を引き起こすことがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド