肝不全とは


   肝不全とは、肝機能が大幅に低下した状態である。

   肝不全は、すでに肝臓のかなりの部分が損傷を受けている。
   肝不全は肝硬変、アルコールやアセトアミノフェン、ウイルス性肝炎、といった薬物による肝障害など、さまざまな肝臓の病気の結果として生じる。
   肝不全は急速に進行する場合(急性肝炎)もあれば、数カ月から数年かかって徐々に進行する場合(慢性肝炎)もある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド