肝不全の症状と診断


   肝不全の患者には、疲労、脱力、吐き気や食欲不振などの症状がよくみられ、
   黄疸、あざや出血を生じやすい傾向、腹水、肝性脳症、などの状態の悪化がみられる。
   急性肝炎は、数日間で危険な状態になることもある。
   慢性肝炎では、状態の悪化はゆっくりと進行し、静脈瘤からの出血といった大きな変化にいたることがある。

   血液検査で肝機能の重度の悪化をみることができる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド