肝不全の経過と治療


   治療は、原因と臨床症状にて行う。
   通常は食事制限を行い、慢性か急性によらず治療方法は同じである。
   タンパク質の摂取量は、慎重に行う必要がある。多すぎれば脳機能不全を起こし、少なすぎれば体重の減少を起こす。
   塩分(ナトリウム)は、厳しく制限する。アルコール摂取は肝臓障害になるので厳禁である。

   肝不全は、放置したり、肝臓の病気が進行性の場合は、死に至ることがある。
   治療を行っても治癒しないことがある。
   肝不全から腎機能障害を起こし、腎不全(肝腎症候群)で死ぬことがある。
   肝臓移植の条件を満たせば、肝臓移植(移植: 肝移植を参照)を行うことで健康を回復できる場合もあるが、ごく一部である。
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド