肝臓と胆嚢の検査


   肝機能の診断には、いろいろな検査がある。
   超音波検査、CT検査、MRI検査などの画像診断や、肝臓の組織を採取して調べる肝生検検査、血液検査などがある。

   血液検査は、その中でも、重要である。

   肝臓の炎症などの異常を検知するものである。
   実際の肝機能の血液検査は、サンプルを採取して行なう。
   血液中の酵素や、さまざまな物質の濃度を測定して、正常値、異常値を判定する。

   血液の凝固時間を測定し、肝臓の炎症、損傷を判定する検査もある。
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド