肝機能と胆嚢の検査


   胆嚢と胆管の画像を知る、安全、安価な検査方法は、超音波検査である。
   超音波検査は、肝硬変や脂肪肝などの広範囲な病気よりも、構造異常の腫瘍などの診断に有効である。

   超音波検査は、胆嚢にある胆石が診断可能である。
   腹部の検査は、黄疸の原因を肝細胞の機能不全なのか、胆管の閉塞なのかを判定することが可能である。
   ドップラー超音波検査で肝臓の血流の状態を見ること可能である。
   RI検査では、体内に注入した放射性物質は、特定の臓器に取りこまれる。
   この検査は、放射性同位元素を使用して、放出される、放射能を上腹部に設置したガンマ線カメラで検出して、
   コンピューターに画像で、出力する。

   核医学検査の中で、肝スキャン検査は、肝細胞に取りこまれた放射性物質を検出する。

   胆道シンチグラフィも、肝臓から胆道に排出される放射性物質の動きを検出する。
   この検査は、胆嚢管の閉塞を診断可能である。

   CT検査(コンピューター断層撮影検査)は脂肪肝(肝臓に脂肪がたまった状態)、膿瘍(のうよう:膿のかたまり)
   や、鉄の過剰沈着による肝臓の組織の異常(ヘモクロマトーシス)などの鮮明なX線画像を見ることが可能である。
   この検査は、多数の情報の収集が可能だが、人体に影響があるX線使用して、高価であるので、頻繁には行われない。

  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド