ポリステアリン酸スクロースについて


  ポリステアリン酸スクロースは、ショ糖とステアリン酸のエステルだ。スクロースとは、サトウダイコンやサトウキビを原料として製造される甘味料のことで、さまざまなものに使用されている。

   ここで使われている「ショ糖」とは、甘蔗糖、すなわちサトウキビからとった砂糖のことで今日では工業的に、テンサイ(サトウダイコン)やサトウカエデ(砂糖楓)などからもつくられている。生分解性にも優れている。生分解性とは、物質が微生物によって分解される性質であることをいうが、現在では生分解されない物質が問題になっている。

   生分解されないということは、この地球上にいつまでも残ってしまうということで、土壌にあまり良い影響を与えるものではない。だから、生分解性時間が経つと分解されて無くなる製品ということなのだ。ハブリッドカーや太陽光発電などが人気だが、環境破壊問題をなんとかしようという技術が浸透している昨今では、できるだけ地球に優しくありたいものだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド