ポリソルベート20について


  ポリソルベート20は、モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタンともいう。また、たんに「ソルビタン」とも呼ばれている。ポリソルベートは1937年に米国のアトラスパウダー社で合成され、いまでは世界中で広く使用されている。

   ポリソルベート類は、ソルビタン脂肪酸エステルにエチレンオキシドが約20 分子縮合したもので、ソルビトールと脂肪酸をアルカリ触媒下で加熱反応させることによって生成するソルビタン脂肪酸エステルに、エチレンオキシドを縮合反応させることによって得られるソルビタン脂肪酸エステルのポリオキシエチレンエーテルだ。

   エーテルとは、2個の炭化水素基が酸素原子1個と結合した化合物の総称だが、その用途は幅広く、その化合物もたくさんあるのだが、エステルとエーテルが微妙に違っているなど、化学に詳ければ、名前を聞けばどんなものかなんとなくわかる。だが、なじみのない場合、ちょっと難しいだ。けれど、化学式などでは、ほんのちょっとの違いで別のものになるので、意外とおもしろいかもしれない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド