ポリメチルシルセスキオキサン


   ポリメチルシルセスキオキサンは、粉末状のシリコンで、艶出し、撥水、潤滑性の目的で広くさまざまな用途で使用されている。シリコーン合成ポリマーである。
   シリコンとは珪素で、身近な所では純粋な二酸化珪素の水晶が知られている。水晶は石英だが、キズが無く透明度が高いものを水晶といい、古代では水晶は水が凍ってできたものと考えられていたためクリスタルと呼ばれている。

   シリコンとシリコーンの名称は、よく間違えられて使用されているが、シリコンのスペルは、Siliconで半導体だが、シリコーンはSiliconeと最後にeがつき 液体の素材やゴムの弾性を有しているのだ。一般的には米国のシリコンバレーなどで知られるように、シリコンの呼称が大勢を占めていて、半導体には欠かせない素材だ。   純粋な二酸化珪素は水晶が有名だが、水晶は健康に良い影響をもたらすエネルギーを放出することで知られている。ポリメチルシルセスキオキサンの主に使用されている製品は、ファンデーションや下地などがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド