マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル


  マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリルは、マカデミアナッツから得られる脂肪酸と、植物性ステロールから成るエステルだ。主に配合されている製品は、クリームやパック、口紅などのメイク品だ。脂肪酸とは、カルボキシル基を1個もち、炭素原子が鎖状に連結したカルボン酸の総称であり、一般式RCOOHで表され、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とに大別されるものだ。

  飽和脂肪酸は、炭素間の結合に二重結合を含まないものをさし、酢酸やパルミチン酸・ステアリン酸などがある。不飽和脂肪酸とは、炭化水素基の中に不飽和結合をもつ脂肪酸のことで、アクリル酸やオレイン酸・リノール酸・リノレン酸などが代表的なものだ。

  オレイン酸やリノール酸は、広く一般に知られているもので、身体に良いものという印象があるが、飽和脂肪酸も全てが悪いわけではなく、必要な用途があるのだ。ちなみに、マカダミアナッツは、一価不飽和脂肪酸を多く含んでおり、高エネルギーなのにコレステロールは0なのだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド