マカデミアナッツ油脂肪酸


  マカデミアナッツ油脂肪酸は、マカデミアナッツから得られた脂肪酸と植物油脂から得られたステロールをエステル化したもので、エモリエント剤として広くさまざまな用途に使用されている。主に使用されている製品は、クリームやパック、口紅などのメイク品だ。フィトステリルとは、フィトステロールのことで、植物ステロールという。(動物由来のものはコレステロールだ。)植物に含まれるフィトケミカルの一種であり、フィトケミカルとは、名前だけ聞くととてもインパクトがあるが、素晴らしい成分だ。

   マカデミアナッツそのものは、硬い木質の殻(シェル)にくるまれており、さらに緑色か茶色の繊維質の外皮(ハスク)で守られている。自然の状態ではマカダミアの樹には花や小堅果、成熟したナッツが同時に、そして非常にたくさん獲れる。しかも一年の殆どの時期付いているとのことだ。そして、毎年3月~9月に地面に落下したものを収穫する。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド