マンガンバイオレット


   マンガンバイオレットとは、酸化マンガン(IV)とリン酸水素二アンモニウムから得られる紫色の無機顔料だ。ミネラルバイオレット(mineral violet)ともいう。顔料というと、画材を思い浮かべると思いるが、古来より色を得るために鉱物などを粉砕することで、様々な色を染色や陶芸、絵画などに使用されている。

   もちろんメイクアップ用にも使用されていて、古代エジプトのクレオパトラも顔料で綺麗にお化粧をしていたのだ。マンガンバイオレットは、酸化マンガン(二酸化マンガン)リン酸アンモニウム、リン酸カリウムとともに溶融後、水洗して可溶物を除くと得られる。

   ちなみに、着色に用いる粉末で水や油に不溶のものは顔料といい、着色に用いる粉末で水や油に溶けるものは染料と呼ばれていて、区別されている。顔料にはその成分から、無機顔料と有機顔料の2種類に分類できて、マンガンバイオレットなどの無機顔料は有史以前から使われていた天然鉱物顔料と、化学的に合成されたものがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド