ミリスチン酸


  ミリスチン酸は、動植物性の脂肪中に多く見られる飽和脂肪酸で、ヤシ油やパーム核油を精製して得られる、油性の固体だ。エステルの原料として、幅広い用途でさまざまなものに使用されている。ミリスチン酸をアルカリ反応させるとミリスチン酸カリウムやミリスチン酸ナトリウムがつくられる。

  純石けんの一部で、カリ石けん素地・ミリスチン酸・ラウリン酸・グルコン酸Na・グリセリン・パーム脂肪酸・塩化Naをひっくるめて石けん素地と呼ぶのだ。水と油を親和させる作用や起泡性に優れ、泡安定性、洗浄能力などがある。配合されている製品としては、口紅やアイシャドウ、ファンデーション、クリームなどが主なものだ。

   脂肪酸とは、長鎖炭化水素の1価のカルボン酸のこととして、学問的に説明されているが、化学でも有機化学の部類にはいりる。有機化学とは、有機化合物を研究対象としているものだが、基本的に炭素を含む化合物の総称なのだ。化粧品には、たくさんの成分が入っているので、少しでも知識があると、楽しい。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド