ミリスチン酸Mg(マグネシウム)


  ミリスチン酸Mg(マグネシウム)
は、石けん成分の一つであるミリスチン酸Na(ナトリウム)とマグネシウム塩水溶液を反応させて得られる成分だ。増粘剤(粘度調整剤)や成形剤として幅広く使用されているものだ。配合されている製品の主なものは、口紅やアイシャドウ、ファンデーションなどがある。

   ミリスチン酸のナトリウム塩であるミリスチン酸ナトリウムは、石鹸の中で特に起泡性がよく、改質剤として石鹸やシャンプーに添加される。ナトリウムとは、アルカリ金属元素の一であり、単体は銀白色の軟らかい金属で、水よりも軽いものだ。マグネシウムは、原子番号12の金属元素で、苦い味に由来して、肥料の業界などでは苦土といって、肥料取締法による苦土肥料の公定規格もある。

   また、お豆腐を作るときの凝固剤であるにがりも、主成分はマグネシウム塩だ。このように、化学的に理解してみることも勉強になるので、化粧品の成分表示をみて調べてみると、また違った面白さを発見できる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド