ミリスチン酸Na

  
  ミリスチン酸Naは、ほとんどすべての動物・植物の油脂中に含まれているミリスチン酸とのアルカリ反応によって作られる、ミリスチン酸のナトリウム塩だ。「セッケン用素地」として、幅広く多くのものに使用されているものだ。

  ミリスチン酸ナトリウムが配合されている主なものには、石けんやシャンプー、ローション、メイク落としやウォッシングフォームなどがある。泡立ちがよくなるためには、泡立ちネットもおススメのアイテムのひとつだ。もとアラビア語で、海の草の灰の意があり、水に溶けて塩基性を示す物質の総称になる。

  ふつうでは、アルカリ金属・アルカリ土類金属の水酸化物をいうが、アルカリ化というと、アルカリ化反応のことを指しる。海の草の灰といわれているように、灰は、土壌をアルカリ化させるために混ぜたりもするし、こんにゃくを作る時にも使用されている。焼畑をしているところもあるが、安全・防災の面から、最近では少なくなっているようだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド