ミリスチン酸イソステアリル


  ミリスチン酸イソステアリルは、植物由来(パーム油、パーム核油など)の脂肪酸であるミリスチン酸に、イソステアリルアルコールを付加させたエステル化合物だ。化学的に安定し、耐温度性にも優れ、油性感が少ないため、化粧品に多量に配合することが可能だ。配合されている製品としては、口紅やリップクリーム、化粧水・乳液、ファンデーションなどがある。

  イソステアリル(イソステアレイン酸)とは、高級脂肪酸に分類される油性原料で、牛脂や大豆油、綿実油を加水分解して得られる。固形のステアリン酸に対してイソステアリン酸は液体だ。ミリスチン酸イソステアリルは、界面活性剤の重要な原料としても使用されている。このイソステアリンの作用をミリスチン酸の持っている作用が合わさった作用があるので、単体よりもより用途が広がりる。まるで、ひとりよりもふたり、ふたりよりもさんにんと、仲間が集まったほうが、いろいろなことが出来るのと同じようなものなのかもしれない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド