メチルグルセス-10


  メチルグルセス-10とは、メチルグルコシドを主体とした成分となっている。
   主体となる成分に酸化エチレンを付加重合したものが、メチルグルセス-10となっており、特徴として挙げられるものに、「粘性」がある。
   この成分が主に使われる製品として挙がるのは、皮膚コンディショニング剤をはじめとして、保湿剤といったところだろう。
   その他にも、粘度調整剤として化粧水やクリームにも多く含まれていることがあるし、シャンプーやリンスなどに使用されていることを確認することができる。
   その為自身の愛用されている製品にも含まれていることが多い成分といっても過言ではなく、商品説明欄などを見れば、意外にも含まれていることが多いのだ。
   幅広い製品に活用されることが多いので、それを思えばこの製品はどこかなくてはならない成分といってもいいだろう。

   やはり素晴らしい成分というものほど、日常生活の中に溶け込んでいるものだと改めて思いる。普段気がつかないことが多いのかもしれない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド