メチルパラベン


   メチルパラベンは別名で「p-ヒドロキシ安息香酸メチル」とも呼ばれている成分であり、様々な用途に活用される成分となっている。
  主に含まれる製品として第一に挙がるのが化粧品、続いて医薬品などに活用される防腐剤に含まれることが多くなっているようだ。
  特徴としては、フェノール構造を持った物質として知られており、微生物の代謝産物として発見されたという流れがあるようだ。

  しかしながら製造方法は他にもあるようで、石油原料などとの合成によっても生成することができる成分となっている。
  ちょっとしたトリビアとしては、このメチルパラベンは食品添加物としての使用禁止が実施されているといったところだろうか。
  とはいっても似た成分であるブチルパラベンは食品添加物として認められているわけだが、一体何が異なっているのだろうか?疑問に思う。
  日本食品衛生法の基準というものもその多くはよくわからないが、しっかりとした判断であることを願いたいものだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド