モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン


  モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン
は別名で簡略した形の20E.0と呼ばれることもある成分だ。
   この成分は製造工程あっての成分となっており、「オレイン酸ソルビタン」が主体となる成分となっている。
   その成分の遊離されている水酸基に酸化エチレンを付加重合することから始まり、そこから得られる非イオン界面活性剤がこのモノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタンとなるのだ。

   性質として挙がるのは親水性が大きいということだ。そのため液状という性質を利用した様々な分野で活用されることがほとんどとなっている。
   一般的に使われる用途としては、水に溶けない香料をはじめとして、色素であったり、薬品類の可溶化剤として配合されることが多いようだ。
   その他にも我々になじみのある製品として、化粧品には比較的多く含まれている成分でもある。 名称は非常に長いもので、一体どんな成分なのか疑ってしまいるが、決してそこまでインパクトのある成分ではないことがわかる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド