モノステアリン酸ポリグリセリル


  モノステアリン酸ポリグリセリル
は活性剤としての成分の一つとなっている。
   主に二つの成分から成り立っており、一つ目は植物油から得ることが可能となっているグリセリン、二つ目に脂肪酸であるステアリン酸から作ることが可能な成分なのだ。
   モノステアリン酸ポリグリセリルは非イオン界面活性剤として有名であり、様々な製品に使用されることで知られている成分だ。
   例えば乳化剤をはじめとして、分散剤として使用されており、その用途というものは多岐に渡るといっても過言ではないだろう。

   特徴としては、液状という点だろうか。よく軟ペースト状をはじめとして、ワックス状の原料に使われることもしばしばあり、知らぬうちに使っていることが多々ある。
   特に先述した乳化剤としての能力は、非常に優れた用途を持っていることで知られており、無臭なためにそれだけ用途としての幅も広がっているように思う。
   この他にも様々な薬品などにも含まれることが多く、ユーティリティーある成分といえる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド