モノパルミチン酸ポリオキシエチレンソルビタン


  モノパルミチン酸ポリオキシエチレンソルビタン
とは、重合された成分の一つとなっている。
   これは「モノパルミチン酸ソルピタン」という主体に「酸化エチレン」を付加することで、重合して得られるものとなっている。
   つまり非イオン性界面活性剤であり、これらには様々な種類が見られる。
   この成分の特徴として第一に挙がるのが、非常に優れた乳化というべきなのかもしれない。この性質があるために、様々な化粧品に活用されているのだ。

   この他にも可溶化という性質も持っており、更にいは分散作用をもつことで多くの分野で活用できる成分となっている。
   とにかく安定性の高い界面活性剤として有名となっており、我々が普段使う化粧品にも含まれていることが多いのだ。
   例えばクリームをはじめとして、ファンデーションであったり、パックなどを含んでいる。また男性などに向けた頭髪用製品などにも用いられている。
   非常に幅広い化粧品に用いられる成分なので、お世話になっていることが多いのだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド