モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン

  
   モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン
は、単体ではなく重合によって生成される成分の一つとなっている。
   モノラウリン酸ソルビタン酸化エチレンを付加重合することで誕生する。
   これはよくキーワードとなっているかもしれないが、この成分も非イオン性界面活性剤の一つとなっているのだ。

   非イオン性界面活性剤と聴くと、真っ先に浮かぶのが乳化剤としての用途だが、正にこの成分もそうであり、よく親油性乳化剤と配合されることが多いようだ。
   この成分が含まれる成分として代表的なものを挙げると、クリームをはじめとして、乳液、化粧水などが該当する。
   この他にも比較的広く使用される今日だが、性質が常温で液状ということもあって、様々な使い道が考えられるのだ。
   他と比較しても、親水性の大きい非イオン性界面活性剤となっており、可溶化剤として注目される存在となっているようだ。
   非イオン性界面活性剤ときくと、どれも同様に考えてしまいるが、決してそうではないのだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド