ヤシ脂肪酸


  ヤシ脂肪酸はヤシ油から得られる脂肪酸の混合物となっている成分の集合体となっている。
   集合体というわけだから、一体どんな成分が含まれているかというと、ラウリン酸をはじめとして、ミリスチン酸であったり、パルミチン酸、そしてカプリン酸などを含んでいることで知られている。
   主な成分として先述したものが含まれているわけなのだが、この他にも含まれているので、非常に様々な成分が詰まった脂肪酸といっていいのかもしれない。

   この成分の性質としては、水によく溶けることで知られており、更には起泡力の高いことが魅力なので、様々な製品に活用されることが多いようだ。
   このような性質と特徴を生かし作られた製品で代表的なものを挙げると、一般的とされている化粧における様々な石けんをはじめとして、シャンプー、そしてリンス、洗顔料などが該当する。 しかもこれらの製品の主要成分として使用されているので、いかにこの成分が重要な役割を果たしているのかが見て取れるかと思う。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド