脳、脊髄、神経の病気の診断の為の神経学的検査について


   脳、脊髄、および神経の病気を見つける為には、神経学的検査を行うことが効果的である。
   神経学的検査を行うことで、筋肉に生じている障害を発見できることもある。
   これは、筋肉の筋収縮が神経の刺激により起きているためである。

   神経学的検査では、大きく分けると病歴と神経状態の判定を含む身体所見の二つの要素があり、神経学的検査を行い診断を確定する為に必要な検査検査や除外できる病気を知る為に検査を行う。
   神経学的検査では、異常行動が脳の身体的状態を知る手掛かりになることが多い為、精神医学的検査とオーバーラップする部分も多少ある。
   しかし、精神医学的検査は、患者の行動に焦点を当てはめる検査で、神経学的検査とは、違っている。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド