脳、脊髄、神経の病気の診断の為の検査

  脳、脊髄、神経の病気が、病歴や診察所見から疑わしい場合には、その診断を確定する為にいくつかの検査を行う必要がある。

  脊椎穿刺は、脳と脊髄を取り囲んでいる液体を注射針を使用して吸引し、検査する方法である。 この検査は、腰椎穿刺とも呼ばれている。

  脳脊髄液を検査することにより脳や脊髄の感染や外傷、腫瘍、出血の有無を調べることができる。
脳骨髄液は、正常な状態であれば無色透明であるが、異常がある場合には、見た目や含有物に変化がある。
脳骨髄液は、白血球が増えている場合には、濁って見える。
これは、脳と脊髄を覆っている組織に細菌感染を生じていることを現わしている。

  脳骨髄液の中のタンパク質濃度が高くなっている場合には、脳、脊髄、脊髄神経根といった部分に損傷を受けている可能性がある。
また、液中に血液が混じっていいる場合には、脳での出血の可能性がある。
脳脊髄液の圧力が上昇している場合には、脳腫瘍髄膜炎などの多くの病気が考えられる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド